競合の大企業企業が導入したりする決済方法

競合の大企業企業が導入したりする決済方法

まずは、5大ブランド(「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナースクラブ」)を網羅したりするか如何にかをチェックします。インターネットサービスの場合は別して注意が必要ですが、購入時に希望の決済方法が欠如場合、購入を取りやめてしまうユーザーもおります。

その他、銀行振り込みや自動引き落としなど、各種支払い方法に対応できるクレジット決済代行サービスを選ぶようにする。導入時に、どの決済手段を選択するか迷うようであれば、競合の大手企業が導入しましたりする決済方法を調べてみるのもお勧めです。

次に抑えておきたいのが、コンビニエンスストアエンスストア決済や電子マネー対応、スマートフォンなどの携帯キャリア決済(携帯電話料金と合算して購入代金が引き落とされてしまう仕組みで、近年利用者から人気があげられます)です。電子決済の代表的なものとしては、各カード会社に対応した、クレジットカード決済が挙げられるでしょう。

自社と同じような年代・性別が使用する電子決済手段が網羅さているはずということで、参考にしてみます。決済方法のバラエティさは転換率向上に繋がりますので、機会損失が起きぬよう留意したいところです。


ホーム RSS購読 サイトマップ