決済手段が多様の一途を辿っている

決済手段が多様の一途を辿っている

近年では、各種電子マネーやコンビニエンスストア収納代行など、決済手段が多様の一途を辿っているのです。決済代行会社もそれに適応すべく、各決済手段のためにAPI(アプリケーション・プログラム・インターフェイス)を用意し、サイト運営者様側で開発(外注開発)する必要のないマルチな決済代行業者が増加しています。

Web通販を実践してる店舗がクレジット決済等を行うためには、カード会社や電子マネー運営会社等の審査を受けまして加盟する必要があるのです。審査から契約まで、何社も並行して行うのは、サイト運営者様にとりまして労力を要する大変な作業です。

しかも、多くのカードブランド(Visa、MasterCard、JCB、AmericanExpress、Diners)決済手段を導入するようには、各ブランドごとにカード会社や運営会社と個別に契約する必要があげられます。カード会社や電子マネー運営会社等と個別に契約した場合、売上確認や支払サイクルは各社でバラバラなものを管理していかなくてはならない。

決済代行会社を利用すれば、代行会社の提供するシステムにより、一括で売上を管理することができます。決済代行会社を利用するそしたら、面倒な契約作業を代行してもらえますので、契約作業にかかってしまう手間は大幅に減ります。


ホーム RSS購読 サイトマップ