業務が複雑になるケース

業務が複雑になるケース

10代の若者をメインターゲットにした商品を販売したりするのにクレジット決済しか応じていない場合は、顧客がクレジットカードを所有していないことが多くなりましてしまったので購入がでこない。次のようにターゲットのなる顧客によって好まれる決済方法は大きく変わるので、生活スタイルや傾向を考えて決済方法の選択をするには重要です。

クレジット決済はA社、コンビニ決済はB社というように複数社と契約していると、システムや問い合わせ窓口もバラバラで、入金のタイミングも異なるため業務が複雑になっており効率がよくありません。商品に魅力を感じて、クレジットカードで購入させようと考えましたら代引きしか対応していないので、別のショップを探すといいましたことはよくあることなんです。

さらに、売上を伸ばすために重要なことは、あれこれな決済手段に応じている決済代行会社に一本化するだけです。クレジットカード決済は手間がかかりませんが、コンビニ決済や代引き決済は現金を準備するのが面倒だからです。

この場合は、コンビニエンスストアエンスストア決済などの対応を考えるべきでしょう。この他、健康食品などの定期購入コースを用意しましたりするのに、コンビニ決済や代金引換決済しか無し場合は、クレジットカード決済を導入すべきです。

決済方法が選べないことで、売上のチャンスを逃すことがあげられます。


ホーム RSS購読 サイトマップ